ある女性シンガーソングライターの闘争本能について

シンガーソングライター広瀬香美が所属事務所との独立トラブルで、今後広瀬香美という芸名を使用できなくなりそうな件について。

恋のライバルとの勝ち抜きを伸びのある高音域を生かした楽曲で表現し一世を風靡した彼女は、実は歩く人間関係トラブルでもある。

8012E6BB-7E06-4123-8CA6-3808B27A94BD.jpeg

おひつじ座に太陽(高揚の座)と火星(本来の座)

太陽と火星のコンジャンクション…自我が強く自分の考えに固守する。何でも自分でやらないと納まらない。独立心が強くて、よく働く。短気で争い事が多い。暴力事件に関わったり、事故が起こる。

やぎ座の月は恒星ベガとコンジャンクション(合)の可能性…芸術的才能、移ろいやすい名声、二枚舌。

7宮てんびん座の主星が12宮うお座に流れている…対人関係・契約(7宮)トラブル(12宮)

2宮おうし座の主星が12宮うお座に流れている…金銭・舌禍(2宮)トラブル(12宮)

本来うお座の金星は高揚の座で品位は高いが12宮にあり、しかもリリスともコンジャンクションしていて凶星化している。

他人と闘うために生まれてきた。声の衰えに伴い自由に歌えなくなるにつれ、闘争本能の矛先は周りの人間に向かって行くことになるであろう。

2019年11月、彼女はこの独立闘争にボロボロになりながらも勝利を収める。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中