ウエンツ瑛士さんはトランジット土星が「暗闇期」を運行中

…土星はクロノスとも呼ばれ、時を刻む神である。そのため、トランジットの土星がホロスコープの何処を移動しているかを見るだけで運の流れが読める。

土星は約29年6ヶ月でホロスコープを一周する。これを、Asc、Ic、Des、Mcの4アングルで区切ると、1エリアに約7年4ヶ月滞在することになる。

IcからDesのエリアは、努力して前進する「苦闘期」。DesからMcまでのエリアは、今までの力が認められる「成功期」。McからAscは、力が弱まる「滑走期」。AscからIcは、休息する「暗闇期」。このように、トランジットの土星は、各エリアを約7年4ヶ月滞在し、その時々の運を知らせる。(橋本航征著「宿命占星学」P140より)

ウェンツ瑛士さんのホロスコープ上、海外留学宣言をした時点におけるトランジット土星の位置は、「暗闇期」に突入しています。

874C7E91-1A37-4B88-BE1D-A11E2A84A07CF6847EE5-F6E5-4F3E-9A5D-E710CB5E3452

所属事務所の反対を押し切り留学への行動を開始させた。1年半の留学が実を結び、答えが出るまで約7年4ヶ月の間、暗闇の中を歩くことになる。(干される可能性がある)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中