【リクエスト】広島カープ新井貴浩選手の引退時期とその後について

広島の新井貴浩内野手は2018年9月5日マツダスタジアム内で会見を行い、今季限りで現役を引退する意向を表明した。新井は今季、主に代打として49試合に出場し、打率.222、4本塁打、20打点。4日の阪神戦では代打で節目となる通算2200本目の安打を放っていた。

1988年にドラフト6位で広島に入団し、2005年には43本塁打を放って本塁打王を獲得。2007年オフにはFA権を行使して阪神に移籍するも、2014年シーズン終了後に球団に自由契約を申し入れて、広島に復帰。2016年には、4月26日のヤクルト戦で2000安打を記録するなど、チームを25年ぶりのリーグ優勝に導きリーグMVPに選出された。

BE2FF5EB-D67A-4874-BFD8-9233BCFC8C34C108E74B-BCF1-4E5E-A57B-F9D82AC2743882FA378A-933F-4360-86AD-C56C3A4B9396

エイジ・ポイント・システム…ホールサインハウスを使用し、アセンダントから宮を逆方向(時計方向)に1つの宮を5年、1周60歳とする未来予測法。60歳を超えたら再び逆方向に進行させる。第12宮は0歳〜5歳未満、第11宮は5歳〜10歳未満と進む。また詳細に見る場合は1つの宮=1つの星座が5年なので30度を5年で割ると1年あたり6度の割り合いで逆方向に進行させる(橋本航征著 「パラディ占星術事典」P30より)

 

引退を決意した新井貴浩選手の41歳時を支配する宮は4宮おうし座、おうし座の主星金星は2宮うお座27度に流れ、本質的品位は+14点と、人生最高位を示す。最高の引退時期を選んだといえる。

(ただし、うお座27度は極端な不幸を意味する恒星シャートとも重なり、45歳未満までは輝かしい活躍から一転し引退後の生活に指針を失う可能性も高い。)

45歳〜50歳未満は火星+6点

50歳〜55歳未満は木星+8点

55歳〜60歳未満は土星+6点

60歳〜65歳未満は土星+6点

65歳〜70歳未満は木星+8点

70歳〜75歳未満は火星+6点

75歳〜80歳未満は金星+14点…

と概ね順風満帆な晩年が約束されているといえるだろう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中