引責辞任した読売巨人軍 高橋由伸監督を癒すには

2018年10月3日、読売巨人軍 高橋由伸監督が3年連続で優勝を逃し、引責辞任した。

高橋由伸監督の水星は本質的品位、付帯的品位、ともに低い。

BBBC57AF-810B-4B02-A1F8-C78DB7EC51F696470488-22A2-47BE-8B13-0698590850C1

水星=スロートチャクラ(第5チャクラ)が普通にしてると閉じやすい。

それにより

自己表現ができない、やりたいことができない、思っていることをいえない、コミュニケーションが苦手、会話での相手の反応が怖い、相手を批判してしまう、つい言い過ぎてしまう、不満をいえない性格、相手に流されてしまう、といったことが起きやすい。

この監督就任の3年間はその傾向が強まった。

肩凝りや首の痛み、手の痺れ、喉の違和感、歯が浮き、噛み合わせや歯痛が続く日々であった。頚椎も歪んでいたかもしれない。

自分の置かれている環境に感謝し、自分の思いを尊重し、その中に置かれている自分の意思をいかに伝えていくかという課題があったはすだ。

うお座の水星が重なる恒星マルカブ には 瞑想 という象意もある。

高橋由伸氏を癒すには、このスロートチャクラが開くよう、静かな環境に身を置き、精神的指導者のもと内観に答えを求める方法もあるだろう。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中